せんべろの街「赤羽」で異彩を放つこだわりの寿司「すし処 みや古分店」

赤羽っぽくない外観と内装

赤羽駅南口改札を出て左に進み、路地を一本入ったところに料亭のような佇まいのお店がある。

少し緊張しながら入り口を入ると、中は広くはないが開放感のある和室の店内。
調理場を囲うようなカウンター席がメインで、テーブル席が少しと奥には小さい個室もある。
聞けば、小さい子ども連れでも個室であれば利用できるとのこと。

靴を抜いで座敷に上がれば、赤羽にいることを忘れそうな落ち着いた雰囲気でお酒と食事が楽しめる。

美味い魚の定義は新鮮さだけではない。店主こだわりの創作料理はどれも驚きと感動の味

今回は昼にお邪魔してお任せのコースを頼んだが、
価格が1人1万円程と気軽に立ち寄れる感じではない。

それでも、この味にしてこの価格は妥当と思わせるほど、
細部のこだわりが詰まった料理に舌鼓を打つ。
「舌鼓を打つ」という言葉を人生で始めて使うくらいのクオリティーだ。

しかも季節に合わせて、旬な魚や野菜を使った料理のため、
季節を感じながら毎度違う料理が味わえるのも嬉しい。
寿司だけのコースもあるようだが、是非創作料理もオススメしたい。

お酒もすすむ。

メインの寿司は味付けがされており、熟成された魚の旨味を存分に味わえる

さて、創作料理に大満足の状態で、最後にはメインの寿司が登場。
艶やかなネタの表面には醤油で味付けがされており、ただ口に運ぶだけの状態。


銀座の高級寿司店なぞ滅多に行かない若輩者の私にとっては
衝撃的な旨味が脳天を突き刺し、
最初に食べたときは、寿司を食べているのか旨味を食べているのか
分からなくなるくらいの驚きだった。

昨今、巷では熟成肉に続き熟成魚がブームの兆しを見せているが、
こちらのお店は昔から、熟成した魚の旨味を赤羽で提供しており、
せんべろの街のイメージとは違った本格的な寿司と創作料理で
赤羽においても確固たる地位を築いている。

利用シーンは家族や恋人の記念日はもちろん、
部下や後輩にいい格好をしたいときや接待にも利用できる。
ランチも営業しているため、ちょっと贅沢なランチをしたいときにもおすすめ。

「すし処 みや古分店」の支払い方法は現金のみ。

店の名前すし処 みや古分店
予算15,000円前後/人
おすすめの利用シーン記念日、接待、デート
食べるべきもの寿司
雰囲気落ち着いている、アットホーム
支払い方法現金のみ

キャッシュレスマップ「AI-Credit」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です